飯島町米俵マラソン大会

大会の特徴およびPR

2014年から始まり今回で7回目を迎えます。
「飯島町のおいしいお米を食べてもらいたい!」「お米作りを応援したい!」 そして「米俵の技術を継承していきたい!」そんな想いから生まれた大会です。
大会の特典として、担いだ米俵、担いだ重さのお米を持ち帰ることができます!優勝賞品はお米1年分!さらに完走後会場では、飯島町のおかずでご飯もおかわり自由!
そんなお米づくしな大会に、是非ご参加ください!

ご当地に関する観光PR

飯島町は、長野県の南部に位置し、西は中央アルプス、東は南アルプスに囲まれた自然豊かな谷あいの「ふたつのアルプスが見えるまち」です。
江戸時代には、長野県で初の県庁(伊那県庁)が置かれるなど歴史深い町でもあります。

ブースの販売に関する紹介

米俵に用いるワラで作成した、「しめ飾りストラップ」や「米俵貯金箱」などのワラ細工製品に加え、飯島町産のおいしいお米を計り売りします。

皆さまに愛されている飯島町の米俵の技術が、2018年から、国技である大相撲の「土俵俵」に使用されています。

http://komedawara.org